防犯カメラを設置する目的

防犯カメラを設置する目的

防犯カメラが設置されている主な場所は、百貨店、コンビニ、銀行、郵便局、本屋などの比較的不特定多数の人が集まる場所や、人通りの多い道路などに設置されております。

防犯カメラを設置する目的は、例えば、コンビニや本屋などの小売店の場合は、万引きを防止すると言う意味合いもありますし、万が一、強盗などに入られた場合の監視カメラの役割も果たします。

また、金融機関などでは、強盗などの不審者の監視をしたり、店内の様子を記録したりするのが目的とされています。

防犯カメラを設置するだけでも、撮られていると言う威嚇の意味も込めて犯罪を防ぐ事が出来ますし、犯罪が発生した場合でも、映像を記録して証拠として使うことも可能です。

最近では、商店街に付けたり、高速道路に付けたりと屋外に設置するケースも増えてきており、一般家庭でも付ける家が増えてきました。

以前は、防犯カメラは高額なため、なかなか手に入れる事は出来ませんでしたが、今は技術が大幅に進歩したこともあり、手頃に買える値段まで下がってきております。

このため、玄関先や駐車場、あるいは、庭など普段余り見ることのない場所にも取り付けられるようになっております。


 

サイトマップ