放射能汚染の緊急対策

放射能汚染の緊急対策

超微粒子である放射性物質は、空から飛散して来て、触れるもの全てに付着するため、生き物が呼吸で吸い込むと肺に沈着してしまいます。

また、土壌を経由して野菜にも吸収されますが、その品種によって放射能を取り込みやすいもの、取り込みにくいものがあります。食材選びの参考にして、体内被曝を避けるようにしましょう。

自分の住居地域が放射能雲の通路にあたる場合は、次のような措置をする必要があります。 まず窓を閉め、隙間を目張りして家屋を気密状態にし、ヨウ素剤を早めに服用します。

放射能雲に巻き込まれている時と、その後しばらくは、何枚も重ねた濡れタオルをマスクにして、直接空気を吸わないようにします。

停電でなければ空気清浄器が使えますが、集塵機に放射能が溜まるので注意が必要です。

放射能雲が到着する前に、汚染されていない飲料水や保存食は出来るだけ多く確保しましょう。放射能雲が到着した後は、井戸水や水道の水は飲まないようにします。

性能の良い浄水器はある程度有効ですが、これも、浄水器自体に放射能が蓄積するので要注意です。

放射能雲に巻き込まれている間は、外出は控えましょう。やむを得ない時には雨合羽等を着て外出し、帰宅の際は衣服を着替え、脱いだものは屋外に廃棄しましょう。

雨や雪が降っている時は、特別な注意が必要です。雨や雪は放射能微粒子を溜め込むため、非常にリスクが高くなりますので、雨や雪の時は外出しないことです。


 

サイトマップ