あると重宝する防災グッズ

あると重宝する防災グッズ

一般的に必要な防災グッズの他に、被災地で役立つアイテムは発電機です。災害が発生すると停電は避けられません。そこで発電機が活躍することになります。

ガソリン式の発電機であれば、ガソリン携行缶も忘れないようにしましょう。災害発生時は燃料不足になるので燃料の調達やストックに重宝します。なお、普通のポリタンクではガソリンを入れる事が禁止されています。

蓄電池型電源システムもあります。これだと、ガソリンの必要がなく、騒音や排気ガスの心配もありません。

断水も当然予想されるので、水タンク(ポリタンク)があると、給水車から一度に多くの水を得られます。携帯キャリアや一輪車があると、給水時ポリタンクの運搬や徒歩での買い物にも使えます。

ディーゼルエンジンの車があると、災害時にガソリンよりも軽油の方が入手しやすくなります。被災地では車の移動がかなり制限されるので、バイクや自転車があると便利です。

踏み抜き防止の安全長靴を履くと、瓦礫の中にある釘でけがをするのを避けることが出来ます。

停電時は自宅充電できないため、車で充電できる携帯電話充電器があると助かります。また、生理用品や赤ちゃん用品は、被災地では入手困難となりますので、ストックしておくと助かります。



 

サイトマップ