蒸留によって有害物質を除去

蒸留によって有害物質を除去

水道水には残留塩素などの有害物質や水道管・貯水槽からの不純物が含有されると言われております。

蒸留水器はこれらの不純物を蒸留して除去して純水にするため、水道水の不純物を含まない安全な水となります。

その仕組みは、水を沸騰させると水蒸気が発生しますが、水以外の不純物は沸点が100℃以上のため蒸発することなく本体に残り、その水蒸気を冷却ファンで冷やして水にすることにより安全な水を作ることができるのです。

また、沸騰させることにより、細菌やウイルス類まで死滅させるので殺菌効果もあります。

このように、蒸留することによって、安心でしかもおいしい水に変えられるという事から、特に赤ちゃんや小さな子供がいる家庭で注目されるようになりました。

さらに、万一、水道水に放射性セシウム・ヨウ素などが含まれていたとしても、放射性セシウムの沸点は600℃以上、放射性ヨウ素は180℃と沸点が高く、100℃で沸騰した水蒸気には含まれないため、理論上は放射性セシウムやヨウ素を含まない水ができるということになります。

放射能で汚染された水は、浄水器では除染されないことから、「蒸留水器」を使っての蒸留水が注目されております。




 

サイトマップ