ハイブリッドアルファG-1は、いつでも、2.2ppmの水素水が飲めます♪

「メガキャット」の蒸留水は、カルキなどの不純物が一切含まれていないベストウォーターです。

私たちが普段飲んでいる水道水には、汚れやウイルスをろ過し、さらに、塩素で殺菌して健康を損なわないように浄化してあります。

しかし、放射性物質やダイオキシン、トリハロメタン、環境ホルモンなどの有害物質は取り除くことはできません

また、やかんなどでお湯を沸かすことにより、水を沸騰させてカルキ(塩素)や水道管を通った際の鉄サビなどの不純物、そこから発する臭いを除去しょうとしますが、実際は除去されておらず、お湯の中に残っております

水を沸騰させて発生した水蒸気を、再度冷却して液体にした水のことを蒸留水といいますが、

メガホーム社の蒸留水器<メガキャット>は、水道水などに溶けているこうした危険因子を完全に取り除くことができます



水道水には残留塩素などの有害物質や水道管・貯水槽からの不純物が含有されていると言われています。

蒸留水器メガキャットは、これらの不純物を蒸留して除去して純水にするので、水道水の不純物を含まない安全な水を飲用できます。

使用後に内釜に残った不純物が目立ってきたら、専用の洗浄剤でキレイにします。

その目安としては 1ヶ月に1回程度です。

不純物が内釜に残留していても蒸留水自体は安全な純水ですから安心です。

特に、放射線に含まれる「セシウム」などは沸騰温度が668℃と、100℃で沸騰する水とは比べものにならないほどの数値なので、100℃を超えても水蒸気になることはなく鍋に残るのです。

また、雑菌も取り除かれていますから、コンタクトレンズの洗浄用としても使えますし、さらに、加湿器に使えばレジオネラ菌が増えることもありません

口コミでも、

 メガキャットと出逢ってからは、飲み水はもちろん、お米も料理も洗顔も蒸留水を使っています。
電気代が上がるのではと心配していましたが、全然上がった感じもなく、それなのに料理とご飯は以前より断然、美味しくなりました

 蒸留水で作ったお茶の美味しさは格別です。
また、水道水にはカルキ以外にも害になるものを含んでいて、蒸留水はそれも全部除去してくれるとのことでしたが、確かに、蒸留水で沸かすとポットが汚れずキレイを保つことができます。

 メガキャットを購入して一番驚いたことは味の違いです。
炊飯の際にも使用していますが、水道水で炊いていた時に比べ味が全くと言っていいほど違います。


 毎朝、起きることが辛くて起きても頭が重い感じがしていましたが、メガキャットで改善したという話を聞いて購入を決めました。
まず、お茶は美味しくなったのを感じるようになり、3ヶ月経つ頃には、仕事中の怠さがなくなり、半年以上経つ今では、毎朝スッキリ目覚めることができています。聞く話によればデトックス効果とのことでした。

と評判は良いようです。

メガホーム社の蒸留水器「メガキャット」はここがお勧め

 信頼性の高い「ベストウォーター」

米国では、飲料水として浄水器を通した水を「GOOD(グッド)」、RO膜ろ過をした水を「BETTER(ベター)」、そして蒸留製法の水は最高クラスの「BEST(ベスト)」評価を与えております。

不純物を徹底的に取り除いた「ベストウォーター」は、健康や安全に最もお勧めできる水といわれおり、アメリカだけでなく、カナダ、ブラジルなど世界40ヶ国以上で多く愛飲されており、20年の販売実績があります。

 安心でほんのり甘く、のどごしが良い

カルキ(塩素)や水道管を通った際の鉄サビなどの不純物、あるいは、シックハウス症候群の要因となりうる「ホルムアルデヒド」などの危険性物資が入っていないので、菌が繁殖することもなく、免疫力の低い赤ちゃんのミルクにも安心して使うことができます。

また、お茶やコーヒー、お米を炊く際に使うのもオススメで、素人にも分かるほどに味の質が変わってきます

 経済的

メガキャットの蒸留水器は、水を沸騰させて、できた水蒸気を冷やし、きれいなお水を生成するという工程なので、浄水器のようなカートリッジが不要なため、ランニングコストが大変お得で経済的です。

蒸留水を市販で購入するとなると、500mlペットボトルで150円ぐらいかかります。

しかし、メガキャットなら1回に500ml8本分作れますので、市販の蒸留水だと約1,200円かかるところが、1本につき電気代の9円程度で飲めるため、安く飲むことができます。

また、1回に4リットル分出せますが、電気代はわずか約70円です。




メガホーム社の蒸留水器「メガキャット」

詳細・ご購入は↓  ↓  ↓



 

サイトマップ